車のシートから見たハンドルなど

車の小物の活用


日本では鉄道網も発達していますが、普段の移動手段というとやはり車が主要です。
車はとてもよくデザインされていて、乗車していてとても快適になるように設計されていますが、ちょっとした工夫を凝らすだけでさらに快適にすることができます。
それは様々な小物を活用することです。

シートはだんだんと摩耗してきてしまい、接触した感じが今ひとつになってしまうかもしれません。
予めシートにさらにカバーをしておくということで予防ができます。
また、シートに直接座らずに座布団やクッションを活用することでシートがなくても心地よく座れる状況を作り出すこともできます。
また、車の中で比較的辛くなるのが日光です。
サンバイザーはついていますが、直射日光が当たり続けるととても暑く、まぶしいことに加えて、シート等の車内の物品もだんだんと劣化してしまいます。
そういうときにはカーテンが役に立ちます。
フロントガラスや運転席、助手席のガラスにカーテンをつけると著しく視界を塞いでしまって危険ですが、後部座席であればカーテンをつけてもそれほどきになることはありません。
また、リアガラスやフロントガラスにはカーテンレールのみを常備しておいて、駐車の際には日よけのためにカーテンをかけておくのが一つの上手な方法です。
日よけシートを使う方法もありますが、カーテンを使うと見た目がとてもファッショナブルで、いたわりの気持ちも現れます。
このように小物を利用することで車をもっと快適にしましょう。

車のシート

車内を常にクリーンに


通常のカーウィンドウであれば、車の外から車内が良く見えてしまい、車内におけるプライバシーの低下は避けられません。
いっその事カーウィンドウを交換するかスモーク処理をしてしまえばいいのですが、工賃が高く、加えて車の外観イメージが攻撃的になり過ぎるなど、抵抗感が大きいのもまた事実です。

ウィンドウを弄らずにおくのであれば、いつ外から見られても大丈夫な様常に車内、特にシート周りをクリーンに保っておくか、あるいは別の方法で外部からの視界を遮らなければなりません。
その際活躍するのがカーウィンドウに張る専用カーテンなのです。

カーウィンドウ専用カーテンは非常に小型であり、ドライブ中に開けておけばドライブに支障は全くありません。
また多くのカーテンはカーテンレールの両端を吸盤でウィンドウに密着させるだけの簡単な取付で使える便利なものです。
現在はお洒落なカラーやデザインを持ったカーテンが数多く出回っており、取付にも全く抵抗感がありません。
コツとしてはフロント、側面、リアと一周すべてカーテンで覆ってしまう事で、こうすればプライバシーも完全保護され、車中泊も怖くありません。

カーテンを取り着けない場合は常にシートを清潔に保ち周囲を整頓しておけば、外から見られても他人から不快感は持たれる事はありません。
シートには細かなゴミや埃が溜まり易く、定期的に掃除機を掛けて綺麗に吸引してしまうのがクリーンに保つ最適な方法です。
今時のガソリンスタンドであれば大抵コイン型の大型掃除機を設置しており、車を寄せて簡単に吸引する事が出来ます。
その際シートと共にフロアマット等も掃除機を掛けてしまうのがベターです。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年9月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930